ジラートの幻影(回想)

・街には記憶のウタイビト10G
・フィールドにはGoblin Footprint
 下記のマクロ作成推奨
 /item 土のクリスタル <stnpc>

・HP/Home Point
・OP/Outpost(アウトポスト)
・SG/Survival Guide(移動の本)

ノーグ (H-9) Colleraie HP#1

蘇る記憶
海賊の巣窟ノーグ

カザム (F-8) Beyzen SG

カザム族長

生贄の間 HP#1 入ってすぐ

→ヨアトル大森林OP
→ウガレピ寺院(ウガレピのカギ→魂の絵筆、消えたランタン)
→怨念洞(恨みの炎4往復)
→生贄の間→HP

ウガレピ寺院(1)

トンベリNM3体のBF戦を終えトンベリ達を制止するグラビトン。

Grav'iton(グラビトン・ベリサーチ)
古代クリュー人の学者
クリュー人生き残りの集合無意識の代弁者=失われた古代の記憶の残滓

ジラート人達は気づいていないが過去の亡霊にがんじがらめにされてことを始めてしまった。
1万年もの昔、古代王国で始まった話。
「石」=クリスタル

ウガレピ寺院(2)

ヴァナディールの地下に強大な力を秘めた5つのクルスタルが眠っている。
それらを利用して古代ジラートは発達。
地中から力を吸い出すための5つのアーク。
それらを結ぶクリスタルラインとエネルギー流をコントロールするデルクフの塔。

「神の扉」計画=5つのクリスタルのエネルギーを1つにして神の国、新世界への道を開く。
カムラナート、エルドナーシュに反対をするクリュー一族と暁の女神を祭る「明星の巫女」
神の扉となるべ浮島トゥー・リアが築かれ計画は実行に移される。
計画を阻止する為にクリュー人は隙をついて北のアークを破壊。
クリスタルの暴走。
世界は光に包まれ、ジラートの国は消滅。
ジラートの国があった場所は海に。
北の大地は、不毛の地。

ウガレピ寺院(3)

この地に落ちのびたクリューの民も強大な力にさらされたせいか時間の経過とともに退化し姿を変えて行く。
デルクフが時の止まったように変化しないのを知ったとき嫌な予感がした。
バストゥークの南西に浮かぶゼプウェル島に古代神殿の廃墟。
そこで8つの砕け散った光のかけらを1つにする。
そうすれば女神の巫女達が道を示してくれる。
光のかけらは1つずつジラート石碑に安置されている。
クリスタルとリンクした時ジラートの兄王子は凄い魔力を秘めるので気を付けること。
彼は既に人の領域を踏み越えてしまっている。
闇の祈り(石碑巡礼の1つ)を貰う。

古代石碑巡礼


  • 最終更新:2016-12-31 16:33:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード